MIZUKAZE PROJECT STORY

瑞風プロジェクトストーリー

September 2019

vol.17

鳥取・兵庫の日本海沿岸にぬくもりの風を

鳥取・兵庫の日本海沿岸にぬくもりの風を

 第17回目は、再び「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」のクルーたちによる「お礼訪問」についてお伝えします。今年3月に訪れたのは、鳥取県と兵庫県豊岡市。地域の皆様やクルーらからのメッセージをご紹介しましょう。

鳥取・兵庫の日本海沿岸にぬくもりの風を

 各コース1日1回、途中駅に立ち寄り、その土地土地の魅力を満喫する「瑞風」の旅。鳥取県では山陰コース上りおよび山陽・山陰周遊コースの鳥取駅と山陽・山陰周遊コースの東浜駅、兵庫県では山陰コース下りの城崎温泉駅が立ち寄り観光地となっており、通過駅を含め、沿線の皆様からあたたかい歓迎をいただいています。

鳥取・兵庫の日本海沿岸にぬくもりの風を

 そんな「おもてなし」に対する感謝の気持ちを届けに伺う企画が、今年1月から行ってきた「お礼訪問」です。3月には鳥取県と兵庫県豊岡市を訪ね、「瑞風」のお客様からいただいた喜びの声を皆様にご紹介したり、「瑞風」車内演奏家による演奏を披露したり、楽しく語らったりと交流を深め、クルーたちの「ありがとう」をお伝えしてきました。その後に届いたメッセージをご覧ください。

東浜瑞風会 会長 浜口丈夫さん

東浜瑞風会 会長 浜口丈夫さん

 鳥取県最東端の小さな無人駅である東浜駅に「瑞風」が停まると聞いたときはびっくりしました。せっかくなら自治会総出で迎えようと話し合って「東浜瑞風会」を結成。30年ほど途絶えていた「東浜音頭」を復活させ、唄と踊りで歓迎しています。ときには地元保育所の園児たちもやってきてにぎやかです。これから夏場になると、目の前の日本海で地引網の体験も行います。
 「瑞風」のお客様と接するのは、東浜駅近くのレストランで食事をされてから、発車するまでの短い時間ですが、話しかけていただいたり、一緒に写真を撮ってくださったり、なかには踊りに加わる方もおられたりして、とても楽しいです。鳥取・兵庫の日本海沿岸にぬくもりの風を2泊3日の旅(山陽・山陰周遊コース)において、東浜駅は最終の停車駅。私たちも「瑞風」が見えなくなるまで旗を振ってお見送りしています。“自分たちのまちには何もない”と思っていましたが、「瑞風」が運んできてくれた風によって、“何もないことが地元の宝”だと思えるようになりました。

城崎温泉旅館協同組合 理事長 芹澤正志さん

城崎温泉旅館協同組合 理事長 芹澤正志さん

 昨今、山陰本線沿いの城崎温泉は、連日多くの観光客の方々でにぎわっています。国内外のお客様が年々増加し、世界に愛される温泉地になったと自負しております。
 城崎温泉は、「駅が玄関、道路が廊下、外湯が内湯、物産店が売店」などと、町全体を一つの旅館にたとえられています。その玄関に「瑞風」が初めて立ち寄った際には、新しい時代の幕開けを感じ、城崎温泉が日本一の温泉地に飛躍するチャンスだと確信。以来、「瑞風」が立ち寄る日には、町民がこぞって歓迎のお出迎えをし、出発されるまでの数時間を楽しく思い出深いものにしていただけるよう、心を込めて接しています。鳥取・兵庫の日本海沿岸にぬくもりの風を
 クルーの皆様とのお話のなかで感じたのは、「瑞風」に関わる方々の「おもてなし」に対する心でした。その心をしっかりと持ち続け、お客様に満足感と喜びを与え、最高の想い出を残すことにつながれば幸いです。これからも末長いお付き合いをよろしくお願いいたします。

豊岡市立竹野認定こども園 園長 佛生祐美さん

豊岡市立竹野認定こども園 園長 佛生祐美さん

 当園は線路のすぐ横にあり、毎日いろいろな列車が通るのを間近で見ることができます。列車が見えると、泣いている子も瞬間に笑顔になるほど、みんな列車が大好き。なかでも「瑞風」は特別な存在です。とくに年長組の園児は運行日をよく覚えていて、「今日は『瑞風』が通る日だよ」と朝から心待ちにしています。竹野駅を出発した際、「瑞風」と他の列車の走行音の違いを聞き分けられるほど大ファンになっています。
 「お礼訪問」では、「瑞風」クルーの方々のかっこいい制服姿や素敵な笑顔に魅了され、園児も職員も、とても幸せな時間を過ごせました。クルーの方々には、列車内が映った大きな紙芝居を見せていただいたり、園児の質問に丁寧に答えていただいたりし、子どもたちは今まで以上に興味をもち、憧れの気持ちでいっぱいになったことと思います。今後も、颯爽と走る「瑞風」の応援団として、たくさんの声援を送りたいです。

鳥取・兵庫の日本海沿岸にぬくもりの風を

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」 テクニカルサービスクルー 辻良実

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」 テクニカルサービスクルー 辻良実

 私たちクルーは、「瑞風」のお客様に沿線の魅力をお伝えさせていただくという役割を担っています。車内からご覧いただく景色、立ち寄り観光地のご案内など、「瑞風」ならではの魅力に加え、乗務することで知ったもう一つの沿線の魅力が、地域の皆様の「おもてなし」です。
 今回、私が伺った鳥取県では、「東浜音頭」をはじめ、沿線の小学校や幼稚園のお子さん方や地域の皆様より、あたたかいお出迎えやお見送りなどの歓迎を受けています。そんな素敵な「おもてなし」に対し、「瑞風」のお客様がとても感動されていること、私どもクルーの励みにもなっていることを、この度の「お礼訪問」でお伝えでき、とても有意義な時間を過ごせました。「瑞風」は地域の皆様のご協力により成り立っていることに改めて感謝しつつ、皆様と想いをともにして沿線の魅力をたくさんの人にお伝えしていきたいと思います。

鳥取・兵庫の日本海沿岸にぬくもりの風を

 豊岡市立五荘小学校金管バンドへの「お礼訪問」では、コンサート観覧の機会にも恵まれ、素敵な感動をプレゼントしていただきました。「瑞風」が通る沿線を巡り、地域の皆様とふれあえた一連の経験が、クルーたちにとっても新たな「おもてなし」へとつながる大きな力となったようです。
 「瑞風」のクルーからはさらに、「運行開始から間もなく2年が経とうとしていますが、乗務中に沿線の方々のお手振りが見られなかったことは一度もありません。たとえ雨の日でも駅に出向いてくださる方、建物の中から手を振ってくださる方がいらっしゃることに、心から感謝しています」といったコメントも。「『瑞風』で旅するすべてのお客様に喜んでもらいたい」という沿線の皆様のお気持ちによって、これからも素敵な旅の思い出は増え続けていくことでしょう。

鳥取・兵庫の日本海沿岸にぬくもりの風を